HMBマッスルプレス

秋こそ筋トレのシーズン

もう夏が過ぎましたね。
海や川に行くこともなく、バーベキューはあと少しという感じです。

夏は水着や薄着になることが多いので、筋トレを集中してやっていた人も多いと思います。


筋トレの効果を求めるなら、秋です。
秋こそ筋トレのシーズンです。

プロのスポーツ選手を目指してゴリゴリにやっている友達が話していました。

「夏にいい体作りたいなら、春からでは遅い。せめて冬。より仕上げたいなら1年前から」

ということで、今から筋トレして鍛えると、来年の夏にはばっちり筋肉がついていることでしょう。

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s.jpg

もっと寒くなって冬になると動きたくなくなるので、秋のうちに筋トレする習慣をつけておきたいところです。


厚着をしている時期にこっそり鍛えておいて、夏にお披露目。

筋トレをこっそり継続して、サプライズするってカッコ良くないですか!


筋トレをしないとどうなるか

筋トレについて勉強して、色々と実践しています。

今もですが、仕事が忙しくなったり、サボりぐせがついてしまい、筋トレをしなくなるときがあります。
大学時代に部活を引退してから社会人の途中まではあまり筋トレをしていませんでした。


筋トレをすると筋肉がつくのはわかるけど、筋トレをしないとどうなるか。


スポーツなどの運動も含めて筋トレをしなかったら、姿勢が悪くなりました。

筋肉はトレーニングしなければどんどん落ちます。
筋肉が落ちていくと、姿勢を保てなくなります。

姿勢を保てず崩れてくると、疲れやすくなったり、ひざ、腰、肩などに負荷がたまって痛くなります。

あとは、筋肉が落ちて代謝が下がるので、太りやすくなります。


10代や20代のころに体を鍛えていた人は、財産のように筋肉がキープされて体型が昔と変わらぬまま、であったりします。


肉体や体調をキープするためでも、筋トレは必要なのかな、と思う今日この頃です。

ぶら下がり健康器で全身を鍛える

筋トレのいろんな器具があるけど、全身に使えてコスパ最強なのが、

ぶら下がり健康器

です。



これは本当に万能で、
・ぶら下がり
・ツイスト
・チンニング(懸垂)
・ディップス
・プッシュアップ(腕立て伏せ)
・レッグレイズ
ができるので、自重では鍛えにくい背筋や、腹筋、腕など全身を鍛えることができます。

自分の体にサイズを調整できるし、自重を使ってのトレーニングなので負荷を調整できるからケガをしにくいというメリットがあります。


個人的にはレッグレイズができるのがうれしいです。

1年間腹筋を鍛えたら腹筋が割れたという女友達は、ほぼ毎日レッズレイズをしていたそうです。
体を浮かせて、両足を前方に上げるという運動ですが、腹筋にダイレクトに効きます。

レッグレイズをするときの、体を支えるものが、なかなか日常生活にはないんですよね。


ぶら下がるだけでもパソコン作業による肩のコリや疲れの改善になるので、1台あるとすごく便利です。



筋トレが継続できずに悩んでいる方へ

筋肉をつけたい!
筋トレをする気はある
だけど、筋トレが続かない、と悩んだことはありませんか。

僕は何度も経験しています。
そして、継続も経験しています。

自分の体験を振り返って、筋トレが継続できたときのことを書いてみました。


1.仲間を作る
一人だとついさぼったり、心折れたりしがちです。
一人で続かないことを何度も試すより、一緒に筋トレする仲間を作る方が早いです。
お互い励まし合えるので、モチベーションが上がりやすいです。

2.ごほうびをつくる
筋肉がついたのを実感するのに3ヶ月はかかります。
実感するまでは、筋トレのキツさばかりが気になります。
筋トレ中に音楽を聴く、筋トレ後にプロテインを摂る、DVDを見ながらやる、ご褒美になる食べ物を食べる
など、何でもいいと思います。
僕は、友達に「筋トレをしている」と言いたい、というのをごほうびにしていました。

3.仕組みをつくる
気分や感情でやってしまうとぶれてしまうので、仕組みを作るのがオススメです。
僕はスマホのリマインダーで筋トレするのを思い出すようにしているのと、
小学校の時間割のように、あらかじめやる時間を決めておくことをしています。

あとは、帰宅したらジャージに着替えること。
せっかく着替えたし、と、筋トレをしよう、となります。


継続できるか、やめてしまうか、はちょっとした差だと思います。

どれもやること自体はカンタンなので、自分に合いそうな方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。


トップアスリートが認めるトレーニングアイテムFLOWIN

ヨーロッパのトップアスリートやプロサッカーチームが取り入れている、トップアスリートが認めたというトレーニングアイテムが
FLOWIN
です。

アスリートが認める体幹トレーニング【FLOWIN】


日本でもサッカー日本代表選手やオリンピック選手などのトップアスリートも使用しております。


体幹トレーニングと言えば、プランクなど静的なトレーニングが多いですが、
FLOWINを使うことで、全身を使った動的な体幹トレーニングが実践できるようになります。

使い方はすごくシンプルで、一畳分くらいのシートの上に小さなシートを乗せ、
その小さなシートの上に手足を乗せて、シート上で手足を動かすものです。


動きはすごくシンプルだけど、効果はかなりあるみたいです。

体幹を鍛えると姿勢がよくなり、体のラインがキレイになります。
スポーツの面だと、パフォーマンスが向上します。

サッカー日本代表の長友選手が体幹を鍛えることでパフォーマンスを上げ、日本代表や海外で活躍をしているのは有名な話ですね。


体幹を鍛えて美ボディを目指す方や、パフォーマンスを上げてうまくなりたい人は試してみる価値があると思います。

僕はプランクで体幹を鍛えていますが、動きを取り入れた方がいい筋肉がつくと思うので、すごく興味があります。